Body(Ethiopia)

Body(Ethiopia)

髪型が個性的で、大柄な人が多いボディ・ムルシ族。年に一度行われる太り具合を競う祭りはまさに圧巻。優勝した男性は村の英雄として生涯尊敬される。

Body(Ethiopia)

Body(Ethiopia)

髪型が個性的で、大柄な人が多いボディ・ムルシ族。年に一度行われる太り具合を競う祭りはまさに圧巻。優勝した男性は村の英雄として生涯尊敬される。

Karo(Ethiopia)

Karo(Ethiopia)

男性のペインティングが特徴的なカロ族。オモ川沿いに約1000人ほどが暮らしている。双子が生まれた場合、一人は殺されたり、体に傷をつけたりと幾つかの恐ろしい風習を持つ。

Arbore(Ethiopia)

Arbore(Ethiopia)

エルボレ族は見た目に特徴がある民族で、女性はカラフルなビーズを見に着け、黒い布を頭からかぶり、男性は獣をイメージしたペインティングを施す。

Murushi(Ethiopia)

Murushi(Ethiopia)

下唇にお皿をはめることで有名なマゴ・ムルシ族。お皿が大きいほど美しい女性とされます。男性はドンガというスティックファイトに勝利することにより嫁を手に入れます。

Murushi(Ethiopia)

Murushi(Ethiopia)

下唇にお皿をはめることで有名なマゴ・ムルシ族。お皿が大きいほど美しい女性とされます。男性はドンガというスティックファイトに勝利することにより嫁を手に入れます。

Tsumai(ethiopia)

Tsumai(ethiopia)

貝で模様をつけたヤギ革を身にまとい、美女が多いと言われるツマイ族

Hamar(Ethiopia)

Hamar(Ethiopia)

バンナ族の支族であるとされ、牛飛びの儀式など共通の伝統や風習が多い。

Banna(Ethiopia)

Banna(Ethiopia)

親戚単位で村を形成し、畜産をして生活している。女性はヤギの油と赤土を体に塗り、男性は椅子にも枕にもなる台を持ち歩く。様々な変わった伝統を持ち、特に男性が成人になる際に行う「牛飛びの儀式」は有名。

Banna(Ethiopia)

Banna(Ethiopia)

親戚単位で村を形成し、畜産をして生活している。女性はヤギの油と赤土を体に塗り、男性は椅子にも枕にもなる台を持ち歩く。様々な変わった伝統を持ち、特に男性が成人になる際に行う「牛飛びの儀式」は有名。

Gana

Gana

ガーナの子供たち。

Benan

Benan

ベナンで出会った少女、満面の笑み。

Hakaona(Namibia)

Hakaona(Namibia)

ナミビアの砂漠地帯にすむハカオナ族。長老を中心とした、一族単位で村を形成し、家畜を放牧し暮らしている。鮮やかなビーズによる装飾が特徴。

Nigeria

Nigeria

ナイジェリアでは多くのストリートチルドレンが街にあふれている。

Pigmy(Uganda)

Pigmy(Uganda)

ピグミー族の人々は大人でも150cmに満たないぐらいにしかならない。 ピグミー族は他の民族と異なり、10代はじめに身長の成長が鈍化する傾向にあり、そのため成人の身長が低くなる。

Dogon(Mari).jpg

Dogon(Mari).jpg

仮面の祭りで有名なドゴンの村の男たち。

Himba(Namibia)2.jpg

Himba(Namibia)2.jpg

ヒンバ族はオカと呼ばれる赤い泥粉と牛の脂肪を混ぜたもの全身に塗ってる。 これは日焼けや虫よけの効果+寒さや乾燥から肌を守る役割をしている。

Himba(Namibia).jpg

Himba(Namibia).jpg

ヒンバ族はオカと呼ばれる赤い泥粉と牛の脂肪を混ぜたもの全身に塗ってる。 これは日焼けや虫よけの効果+寒さや乾燥から肌を守る役割をしている。